文化多様性のための国際連合

国際文化多様性のための連合(International Federation of Coalitions for Cultural Diversity, IFCCD)は、世界中の文化的専門家の声です。それは本、映画、テレビ、音楽、ライブパフォーマンスとビジュアルアートの分野でクリエイター、アーティスト、独立プロデューサー、ディストリビューター、放送局と出版社を代表する約30の組織を一つにまとめています。

連合はカナダに設立され、その事務総局はモントリオールにあります。フランスの文化多様性連合は、パリのユネスコでIFCCDを代表しています。

歴史

2007年9月19日、スペインのセビリア(Seville)で国際文化多様性連合連合(IFCCD)が設立されました。これは、文化表現の多様性の保護と促進に関するユネスコ条約の採択とその後の批准を支持する市民社会の大きな働きかけの結果です。

創設以来、IFCCDはアジア太平洋、南アメリカ、ヨーロッパ、そしてアフリカでの条約批准のためにいくつかのキャンペーンを組織し、文化的表現の多様性を促進するための数多くのイベントの組織を支持してきました。またIFCCDは2009年にサルバドール・デ・バイア(ブラジル)、2012年にブラチスラバ(スロバキア)、2015年にモンス(ベルギー)、2018年にモントリオール(カナダ)で国際会議を開催しました。

ミッション

IFCCDの使命は、文化表現の多様性の保護と促進に関するユネスコ協定の実施に向けた市民社会の取り組みを取りまとめることです。

IFCCDは市民社会が、文化的表現の多様性、文化に関する法律の改正、貿易交渉、地域のコンテンツを見つけやすくする事などに影響を与える議論や業績に注意を怠らず、また参加することが出来る研究、ツール、あるいはイベントを通じて加盟国のアクションをサポートします。

IFCCDはまた、加盟国と市民社会による条約の観察機構の会合への参加と協議を奨励します。

会員と情報についてのリクエスト

会員になったり、IFCCDとその活動に関する情報を入手したい場合は、英語またはフランス語でIFCCD事務局チームに連絡することができます: coalition@cdc-ccd.org

英語のウェブサイト

フランス語のウェブサイト